参加クラスの目安 2019年度版H2 TXT

■2019年9月1日以降の大会から反映しております

テニス地産カップでは、大会ごとにアンケート調査を実施し、ご参加頂いた皆さんのご意見、ご要望を伺っております。皆さんのご意見を参考にしながら、1年ごとにクラスの目安を見直し、できるだけ皆さんに納得して楽しんで頂ける大会を目指します。

■2018年度版からの変更事項

① オープンクラスをどなたでも参加できるレベルフリーに変更し、中上級クラスを追加しました。
再編後のクラスは、初級→中級→中上級→上級→オープンとなります。
再編に伴い、全てのクラス規定に変更点があります。内容を確認の上お申し込み下さい。(基本的に旧上級→中上級、旧オープン→上級となります)

② 優勝&準優勝者のクラスチェック。事前に参加者全員の戦歴をお調べできませんので、大会終了後、優勝&準優勝者の方のお名前をインターネットにて戦歴検索いたします。その結果違反が判明した場合は入賞を取り消しとし、以降の出場をご遠慮いただく場合ございます。出場選手全員がレベル規定を確認の上、お申し込み下さい。

③ 従来のレベル判定ITN評価表をNTRP評価プログラムに変更しました。初級・中級・中上級クラスは、申し込み時評価数値の申請が必要です。

④ 再チャレンジ救済制度を、Restart System(リスタートシステム 再出発制度)に改め、内容を変更しました。

⑤ チャンピオン大会の中級クラスの規定に変更がありました。(2019.10.1改訂)
地産カップ中上級以上のクラス(中上級・上級・オープン)の優勝者・準優勝者
地産カップ上級以上のクラス(上級・オープン)の優勝者・準優勝者

⑥ 初級クラスの規定に追加事項がありました。(2020.1月大会から反映)
18歳以下(高校生以下)の方は出場できません。

⑦ 中上級クラスの規定に誤りがありましたので訂正しました。(2019.12訂正)
地産カップ上級以上のレベル(上級・オープン)の優勝・準優勝者
地産カップ上級クラスの優勝者・オープンクラスの優勝、準優勝者
※上級クラスは優勝者のみとする(昨年度までの規定と同じ)

出場クラスの選び方

STEP 1
希望のクラスをお選びください。
『クラスごとの規定』の「レベルの目安」「技術内容 NTRP」より選出
STEP 2
出場選手全員が、希望のクラスの「確認事項」の欄を確認下さい。
『クラスごとの規定』の「確認事項」の該当項目がある選手は、出場できません。
※お申し込み時の該当項目で判断下さい。例として、地産カップ初級で優勝した時点で、次回大会の初級クラスの申し込みが完了している場合は、次回大会に限り初級クラスは出場可とします。
STEP 3
出場選手の地産カップ入賞歴を「歴代入賞者記録」より確認下さい。
地産カップ歴代の優勝・準優勝者は、お名前検索が可能です。
※[検索ワードを入力]の欄に名字(例:山田)を入力。検索結果より、山田様の入賞歴を確認いただけます。
フルネームで検索の場合は、名字と名前の間に半角スペースを入力ください。
(例:山田 太朗)
STEP 4
出場選手の「技術内容 NTRP」の評価数値を確認下さい。
入門者・初級・中級・中上級クラスの方は、申し込み時に出場選手全員のNTRP評価数値の申請が必要です(初級3.0以下/中級4.0以下/中上級4.5以下)。

※代表者の方は、STEP 1.2.3.4を選手全員に確認の上、お申し込み下さい。

<出場クラスに関する確認事項>の項目も併せてご確認下さい。
尚、出場クラスについてご不明な点や質問事項、及び相談したい内容等がございましたら、テニス地産カップ事務局まで、お電話(090-5058-1212)又は、問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

テニス地産カップ開催種目

大会種目

  • 男子ダブルス (男子2人)

  • 女子ダブルス (女子2人)

  • MIXダブルス (男女2人)

  • 男子ダブルス団体戦 (男子4人)

    男子ダブルス×2、1勝1敗で男子ダブルスタイブレークマッチ

  • 女子ダブルス団体戦 (女子4人)

    女子ダブルス×2、1勝1敗で女子ダブルスタイブレークマッチ

  • 男女混合ダブルス団体戦 (男女4人)

    男子ダブルス+女子ダブルス、1勝1敗でMIXダブルスタイブレークマッチ

  • MIXダブルス団体戦 (男女4人)

    MIXダブルス×2、1勝1敗でMIXダブルスタイブレークマッチ

  • 男・女・MIXダブルス団体戦 (男女4人)

    前半2試合→男子ダブルス+女子ダブルス、1勝1敗で男子or女子ダブルスタイブレークマッチ
    後半2試合→MIXダブルス×2、1勝1敗でMIXダブルスタイブレークマッチ

レベル分けへの取り組み

地産カップでは、「同レベルの人と対戦したい」という皆さんのご要望にお応えする為に、以下の取り組みを行っております。

出場したいレベルが見つかる6つのクラス分けと、自己申告のみに頼らない地産カップ大会規定を設置

大会規定の公平を期する為、大会終了後、地産カップ入賞者(優勝、準優勝者)にインターネットでの戦歴検索を実施。違反が判明した場合は入賞を取り消します。

「大会規定により出場しているクラスのレベルが合わない」「入賞により、レベルアップしたがレベルが合わない」等のご要望に応えて、リスタートシステムを設置。最下位リーグ及びトーナメントの年間累積回数により、1ランク下のクラスに出場可。

参加クラスについて

6段階にクラス分けをしています。参加可否は各クラスの参加資格を確認下さい。
テニスと地域を楽しみながらステップアップ!

クラスごとの規定

クラス1 試合入門者

レベルの目安
「対外試合が初めての方」「試合慣れしたい方」「勝負よりゲームを楽しみたい方」「久しぶりにテニスをする方」が対象。優勝・準優勝等の順位付けはせず、試合を楽しむ為の大会。
確認事項 ※ご出場する際の注意事項
特にレベル規定は設けておりませんが、あくまで試合経験の少ない方の為の大会です。その旨を理解頂き、中級者以上の方の出場はご遠慮下さい。(但し、「ペアの方の経験の為に」「勝負よりゲームを楽しみたい方」等での出場を希望される方は事務局に申し出て頂き、事務局にて趣旨に沿って出場可と判断した場合は除きます。)
地産クラス NTRP 技 術 内 容
入門 1.0 テニスをはじめたばかり。
1.5 経験が浅く、まだボールをつなぐ練習をしている状態。

クラス2 初級

レベルの目安
試合経験が少なく、一般・市民大会の初級やC級以下のクラスにエントリーされている方
NTRP評価プログラム3.0までの方
確認事項 ※下記項目に該当する方は出場できません。
① NTRP評価数値3.5以上の方
平行陣主体のプレーヤー(サービスダッシュ、リターンダッシュを主体とするプレーヤーは、NTRP評価数値3.5以上と判断させて頂きます。試合当日警告の上、失格となる場合がございますので、ご注意ください
② 地産カップ中級以上のレベル(中級・シニア中級・中上級・上級・オープン)の優勝・準優勝者
③ 地産カップ初級クラスの優勝者(種目、メンバー変更しても同クラスへは出場できません)
④ 地産カップ初級クラスの準優勝者は、初級クラスⅰ・ⅱの種目に出場不可。
ⅰ 団体戦準優勝者は、初級クラス団体戦(4人1組)出場不可<個人戦(2人1組)は出場可>
ⅱ 個人戦準優勝者は、初級クラス個人戦(2人1組)出場不可<団体戦(4人1組)は出場可>
※但し、少数組数での開催や雨天ジャンケン決着の場合は、③④の規定は反映されません。該当者は、歴代入賞者リストに氏名を青字で表示。
https://www.chisan-cup.com/record.html
⑤ 各地のテニス協会主催の市民・県民・府民大会で優勝・準優勝された方
全てのレベル(A・B・C・初級・中級・上級・オープン等)が対象です。また、すべてのレベルのシングルス、年齢別も含みます。
⑥ 関西レディースでB級以上のレベルに昇格した方
⑦ 日本女子テニス連盟(女子連)主催のソニー生命カップ全国レディース、ピンクリボンレディースの全国決勝大会に出場された方。レインボーカップ、桑名杯レディースの各府県代表者。
⑧ 日本テニス協会主催の全日本ジュニア・全国高等学校総合体育大会(インターハイ)・全日本学生選手権(インカレ)・国民体育大会(国体)・全日本テニス選手権(予選も含む)・実業団・全日本ベテラン(予選も含む)の大会に出場した方
⑨ テニスコーチ及び、テニスコーチ経験者
⑩ 18歳以下の方(高校生以下)

2.5ボールがどこに飛んでくるか予測することを覚えはじめるが、コートの守備範囲はまだ狭い。同レベルの相手とはゆっくり短いラリーができる。

地産クラス NTRP 技 術 内 容
初級 2.0 ゲームの経験が必要。ストロークに明らかに問題があるが、シングルスやダブルスの基本的なポジションには慣れている。
3.0 中程度の速さのショットはそこそこ安定しているが、全てのストロークを確実には打てず、方向、深さ、強さのコントロールに欠ける。ダブルスのフォーメーションはほとんどの場合雁行陣。

クラス3 中級(一般)

レベルの目安
一般・市民大会の中級又はB級以下のクラスにエントリーされている方
NTRP評価プログラム4.0までの方
地産カップ初級クラスからレベルアップされた方
確認事項 ※下記項目に該当する方は出場できません。
① NTRP評価数値4.5以上の方
② 地産カップ中上級以上のレベル(中上級・上級・オープン)の優勝・準優勝者
※ 改正後の中上級・上級・オープンです→歴代入賞者リスト(新クラスに対応)を参照下さい。
③ 地産カップ中級クラスの優勝者(種目、メンバー変更しても同クラスへは出場できません)
④ 地産カップ中級クラスの準優勝者は、中級クラスⅰ・ⅱの種目に出場不可
ⅰ 団体戦準優勝者は、中級クラス団体戦(4人1組)出場不可<個人戦(2人1組)は出場可>
ⅱ 個人戦準優勝者は、中級クラス個人戦(2人1組)出場不可<団体戦(4人1組)は出場可>
※但し、少数組数での開催や雨天ジャンケン決着の場合は、③④の規定は反映されません。該当者は、歴代入賞者リストに氏名を青字で表示。
https://www.chisan-cup.com/record.html
⑤ 各地の協会主催の市民・県民・府民大会で中級(B級)以上のレベルで優勝・準優勝された方
中級以上のレベル(B・中級・A・オープン等)が対象です。また、中級(B級)以上のレベルのシングルス、年齢別(〇歳以上)も含みます。
⑥ 関西レディースA級レベルに昇格した方
⑦ 日本女子テニス連盟(女子連)主催のソニー生命カップ全国レディース、ピンクリボンレディースの全国決勝大会に出場された方。レインボーカップBクラス以上の各府県代表者
⑧ 日本テニス協会主催の全日本ジュニア・全日本学生選手権(インカレ)・国民体育大会(国体)・全日本テニス選手権(予選も含む)・実業団・全日本ベテラン出場者(予選も含む)に出場した方
⑨ 日本テニス協会主催の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に2010年(平成22年)以降に出場した方
地産クラス NTRP 技 術 内 容
中級 3.5 中程度のショットであれば方向のコントロールに安定性があるが、ショットの種類や深さはまだ足りない。積極的にネットに出るなど、コートカバーが広くなり、ダブルスのチームワークが向上しつつある。
4.0 ストロークに安定性があり、ほとんどの中程度のショットにおいてフォア、バックともに方向と深さのコントロールができる。ロブやオーバーヘッドスマッシュ、アプローチ&ボレーが可能でときどき成功する。ときにはリターンミスさせるサーブを打つことができる。ダブルスのチームワークは十分である。

クラス4 中級(シニア)

レベルの目安
一般・市民大会の中級又はB級以下のクラスにエントリーされている方
NTRP評価プログラム4.0までの方
年齢設定の条件を満たした方(○○歳以上)
地産カップ初級クラスからレベルアップされた方
確認事項 ※下記項目に該当する方は出場できません。
確認事項 ※下記項目に該当する方は出場できません。
① NTRP評価数値4.5以上の方
② 地産カップ中上級以上のレベル(中上級・上級・オープン)の優勝・準優勝者
※改正後の中上級・上級・オープンです→歴代入賞者リスト(新クラスに対応)を参照下さい。
③ 地産カップシニア中級クラスの優勝者は、同種目への出場はできません。
異なる種目は出場可。(個人戦3種目と団体戦5種目全8種目のそれぞれに出場可)
異なる年齢設定は出場可。(〇才以上や、合計年齢〇才等の年齢設定の異なる種目は出場可)
※但し、少数組数での開催や雨天ジャンケン決着の場合は、③の規定は反映されません。該当者は、歴代入賞者リストに氏名を青字で表示。
https://www.chisan-cup.com/record.html
④ 地産カップシニア中級クラスの年齢設定の条件を満たしていない方(〇才以上や、合計年齢〇才)
⑤ 各地の協会主催の市民・県民・府民大会で中級(B級)以上のレベルで優勝・準優勝された方
中級以上のレベル(B・中級・A・オープン等)が対象です。また、中級(B級)以上のレベルのシングルス、年齢別(〇歳以上)も含みます
⑥ 関西レディースA級レベルに昇格した方
⑦ 日本女子テニス連盟(女子連)主催のソニー生命カップ全国レディース、ピンクリボンレディースの全国決勝大会に出場された方。レインボーカップBクラスの各府県代表者
⑧ 日本テニス協会主催の全日本ジュニア・全日本学生選手権(インカレ)・国民体育大会(国体)・全日本テニス選手権(予選も含む)・実業団・全日本ベテラン出場者(予選も含む)に出場した方
⑨ 日本テニス協会主催の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に2010年(平成22年)以降に出場した方
地産クラス NTRP 技 術 内 容
中級 3.5 中程度のショットであれば方向のコントロールに安定性があるが、ショットの種類や深さはまだ足りない。積極的にネットに出るなど、コートカバーが広くなり、ダブルスのチームワークが向上しつつある。
4.0 ストロークに安定性があり、ほとんどの中程度のショットにおいてフォア、バックともに方向と深さのコントロールができる。ロブやオーバーヘッドスマッシュ、アプローチ&ボレーが可能でときどき成功する。ときにはリターンミスさせるサーブを打つことができる。ダブルスのチームワークは十分である。

クラス5 中上級

レベルの目安
一般・市民大会で中級又はB級のクラスで入賞し、上級やA級にチャレンジされている方
NTRP評価プログラム4.5までの方
50歳以上のベテランプレーヤーの方
地産カップ中級クラスからレベルアップされた方
確認事項 ※下記項目に該当する方は出場できません
① NTRP評価数値5.0以上の方
② 地産カップ上級クラスの優勝者・オープンクラスの優勝・準優勝者
※改正後の上級・オープンです→歴代入賞者リスト(新クラスに対応)を参照下さい
③ 地産カップ中上級クラスの優勝者は、同種目への出場はできません
異なる種目は出場可(個人戦3種目と団体戦5種目全8種目のそれぞれに出場可)
※但し、少数組数での開催や雨天ジャンケン決着の場合は、③の規定は反映されません。該当者は、歴代入賞者リストに氏名を青字で表示
https://www.chisan-cup.com/record.html
④ 各地の協会主催の市民・県民・府民大会でA級やオープンのレベルで優勝・準優勝された方
A級以上のレベル(A・オープン等)が対象です。また、A級やオープンレベルのシングルスも含みます
⑤ 関西レディースA級の優勝・準優勝者
⑥ 日本女子テニス連盟(女子連)主催のソニー生命カップ全国レディース、ピンクリボンレディースの全国決勝大会に出場された方。レインボーカップAクラスの各府県代表者
⑦ 日本テニス協会主催の全日本ジュニア18歳以下の種目・全日本学生選手権(インカレ)・国民体育大会(国体)・全日本テニス選手権(予選も含む)・実業団に出場した方
⑧ 日本テニス協会主催の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に2010年(平成22年)以降に出場した方
◎但し、①④⑤⑥⑦⑧の表記に該当する場合でも、50歳以上であれば出場可とさせていただきます。お申し込みの際は、申し込みフォーム年齢欄に「年齢」と、事務局宛の事項に「50歳以上」の記入が必須です。
地産クラス NTRP 技 術 内 容
中上級 4.5 パワーとスピンの使い分けをマスターしはじめている。ペースを調節することができ軽快なフットワークを持つ。ショットの深さをコントロールできる。相手に合わせゲームプランを変化させることを覚えはじめている。正確でパワーのあるファーストサーブと、確実なセカンドサーブを打てる。難しいショットは強打しがち。ダブルスでは積極的にネットに出られる。

クラス6 上級

レベルの目安
一般・市民大会の上級やA級にエントリーされている方
NTRP評価プログラム5.5までの方
地産カップ中上級クラスからレベルアップされた方
確認事項 ※下記項目に該当する方は出場できません
① 地産カップ上級クラスの優勝者は、上級クラスA・Bの種目に1年間出場できません(例として、2019年7月大会の優勝者は、2020年7月大会から参加可能です)
A:団体戦優勝者は、上級クラス団体戦(4人1組)1年間出場不可<個人戦(2人1組)は出場可>
B:個人戦優勝者は、上級クラス個人戦(2人1組)1年間出場不可<個人戦(4人1組)は出場可>
※改正後の上級です→歴代入賞者リスト(新クラスに対応)を参照下さい
※但し、少数組数での開催や雨天ジャンケン決着の場合は、①の規定は反映されません。該当者は、歴代入賞者リストに氏名を青字で表示
https://www.chisan-cup.com/record.html
② 日本テニス協会主催の全日本ジュニア18歳以下の種目・全日本学生選手権(インカレ)・全日本テニス選手権(予選も含む)に2010年(平成22年)以降に出場した方
地産クラス NTRP 技 術 内 容
上級 5.0 ボールの行方を正確に予測できる。優れたショットを持ち、それを中心にゲームを組み立てることができる。短いショットでポイントを取ったり、エラーを誘うことを定期的にできる。ボレーを返し、ロブ、ドロップショット、ハーフボレー、オーバーヘッドスマッシュを決めることができる。深く、スピンの効いたセカンドサーブを打つことができる。
5.5 パワーや粘り強さを主な武器としている。競り合いながら作戦を変え、苦しい状況でも信頼性の高いショットを打てる。
6.0 ジュニアレベル、あるいは大学レベルの全国トーナメントを目指し集中トレーニングを積んだ経験があり、地域や全国のランキングに入っている。
6.5 海外トーナメントで賞金を得ている。
7.0 トーナメントの賞金で生計をたてている。

クラス7 オープン

レベルの目安
レベルの規制がございませんのでどなたでもご参加いただけます。
確認事項
どなたでも参加できます。

チャンピオン大会

レベルの目安
・過去の地産カップ大会で、優勝、または準優勝された方(地産カップ歴代入賞者リストに名前が掲載されている方)
過去入賞者リスト:https://www.chisan-cup.com/record.html
※但し、条件を満たせば、2名の中の1名については歴代入賞者に掲載されていなくても出場可といたします(下記参照)
・現在、初級・中級レベルの男子ダブルス・女子ダブルス・MIXダブルスの3種目を実施
確認事項 ※下記項目に該当する方は出場できません。
① チャンピオン大会優勝者は、同種目への出場はできません。異なる種目は出場可(男子ダブルス、女子ダブルス、MIXダブルスのそれぞれに出場可)
②歴代入賞者リストに名前が掲載されていない方がペアとして出場する場合は、初級・中級レベルそれぞれ下記に該当する方はご出場できません。<初級>
・地産カップ中級以上のクラス(中級・シニア中級・中上級・上級・オープン)の優勝・準優勝者
・各地のテニス協会主催の市民・県民・府民大会で優勝・準優勝された方。全てのクラス(A・B・C・初級・中級・上級・オープン等)が対象です。また、すべてのクラスのシングルス、年齢別も含みます
・関西レディースでB級以上のクラスに昇格した方
・日本女子テニス連盟(女子連)主催のソニー生命カップ全国レディース、ピンクリボンレディースの全国決勝大会に出場された方。レインボーカップ、桑名杯レディースの各府県代表者
・日本テニス協会主催の全日本ジュニア・全国高等学校総合体育大会(インターハイ)・全日本学生選手権(インカレ)・国民体育大会(国体)・全日本テニス選手権(予選も含む)・実業団・全日本ベテラン(予選も含む)の大会に出場した方
・テニスコーチ及び、テニスコーチ経験者

<中級>
・地産カップ上級以上のクラス(上級・オープン)の優勝・準優勝者
・各地の協会主催の市民・県民・府民大会で中級(B級)以上のクラスで優勝・準優勝された方
中級以上のクラス(B・中級・A・オープン等)が対象です。また、中級(B級)以上のクラスのシングルス、年齢別(〇歳以上)も含みます
・関西レディースA級クラスに昇格した方
・日本女子テニス連盟(女子連)主催のソニー生命カップ全国レディース、ピンクリボンレディースの全国決勝大会に出場された方。レインボーカップBクラスの各府県代表者
・日本テニス協会主催の全日本ジュニア・全日本学生選手権(インカレ)・国民体育大会(国体)・全日本テニス選手権(予選も含む)・実業団・全日本ベテラン出場者(予選も含む)に出場した方
・日本テニス協会主催の全国高等学校総合体育大会(インターハイ)に2010年(平成22年)以降に出場した方

出場クラスに関する確認事項

事務局にて事前にすべての参加者の戦歴を正確に調べる事はできかねます。但し、残念ながら明らかに『大会規定』を逸脱した選手が出場したと判明した場合は、大会本部といたしまして公平を期する為に以下の通り対処させて頂きます。

●大会当日、明らかに「大会規定」の出場不可の表記に該当する方が出場されていると判明した場合は、その時点から該当する選手は出場不可とさせて頂きます。

●大会当日、大会本部が申請いただいたNTRP評価数値に明らかに該当しないクラスと判断した場合、表彰の有無に関わらず次回大会から上のクラスに参加頂くようお声がけする場合がございます。予めご了承下さい。

●大会終了後、優勝&準優勝者の方のお名前を、インターネットにて戦歴検索いたします(クラスごとの規定に表記されている各協会や連盟等の戦歴も対象となります)。検索により「大会規定」の出場不可の表記に該当する可能性がある場合は、代表者の方にメールでご連絡いたします。 明らかに該当する方が出場されていたと判明した場合は、入賞は取り消しとなり、地産カップHP「歴代入賞者記録」「大会結果&表彰写真」への掲載は行いません。内容により、以降のご出場をご遠慮願う場合がございます。

Restart System
リスタートシステム(再出発制度)について

リスタートシステムとは

「入賞により、クラスアップしたがレベルが合わない。もう一度元のクラスにチャレンジしたい」 「クラスごとの規定により出場しているクラスのレベルが合わない」等のご要望に応えて、大会本部に申請し、1ランク下のクラスに出場する制度です。

申請の条件

① 中級・シニア中級・中上級クラスにエントリーされている方が対象です
② 該当する大会は、2017年7月以降の大会です
③ 中級・シニア中級クラスで、年間累積3度(1年間に3回以上)最下位リーグ及びトーナメントになってしまった方→初級クラスに申請可。地産カップ事務局の承認が必要です
④ 中上級クラス(2019年7月までの上級クラス)で、年間累積2度(1年間に2回以上)最下位リーグ及びトーナメントになってしまった方→中級クラスに申請可(シニア中級クラスへの申請は不可)。地産カップ事務局の承認が必要です。

申請方法

① リスタートシステムを希望する方が対象です。申請の条件に該当すると思われる方で申請を希望される方は、フルネームと現在の出場レベルを明記し、「リスタートシステム希望」の旨、大会本部(担当中野)宛にメールで申請下さい
② 大会事務局が、過去に参加いただいた大会日程及び対戦表(ドロー)をお調べいたします
③ 対戦表(ドロー)を確認の上、承認の有無をメールで連絡させていただきます
④ 大会本部の承認後、1ランク下のクラスのエントリーが可能です。

全米テニス協会評価プログラム(NTRP)ガイドライン 日本語簡約

全米テニス協会評価プログラムNTRP(National Tennis Rating Program)とは、 テニスのレベルを1.0~7.0までのポイントに置き換えたガイドラインです。それぞれのクラス基準となる具体的な技術レベルが書かれており、全米テニス協会で正式に提唱され、アメリカで実際に使用されています。

地産クラス NTRP 技 術 内 容
1.0 テニスをはじめたばかり。
1.5 経験が浅く、まだボールをつなぐ練習をしている状態。
初級 2.0 ゲームの経験が必要。ストロークに明らかに問題があるが、シングルスやダブルスの基本的なポジションには慣れている。
2.5 ボールがどこに飛んでくるか予測することを覚えはじめるが、コートの守備範囲はまだ狭い。同レベルの相手とはゆっくり短いラリーができる。
3.0 中程度の速さのショットはそこそこ安定しているが、全てのストロークを確実には打てず、方向、深さ、強さのコントロールに欠ける。ダブルスのフォーメーションはほとんどの場合雁行陣。
中級 3.5 中程度のショットであれば方向のコントロールに安定性があるが、ショットの種類や深さはまだ足りない。積極的にネットに出るなど、コートカバーが広くなり、ダブルスのチームワークが向上しつつある。
4.0 ストロークに安定性があり、ほとんどの中程度のショットにおいてフォア、バックともに方向と深さのコントロールができる。ロブやオーバーヘッドスマッシュ、アプローチ&ボレーが可能でときどき成功する。ときにはリターンミスさせるサーブを打つことができる。ダブルスのチームワークは十分である。
中上級 4.5 パワーとスピンの使い分けをマスターしはじめている。ペースを調節することができ軽快なフットワークを持つ。ショットの深さをコントロールできる。相手に合わせゲームプランを変化させることを覚えはじめている。正確でパワーのあるファーストサーブと、確実なセカンドサーブを打てる。難しいショットは強打しがち。ダブルスでは積極的にネットに出られる。
上級 5.0 ボールの行方を正確に予測できる。優れたショットを持ち、それを中心にゲームを組み立てることができる。短いショットでポイントを取ったり、エラーを誘うことを定期的にできる。ボレーを返し、ロブ、ドロップショット、ハーフボレー、オーバーヘッドスマッシュを決めることができる。深く、スピンの効いたセカンドサーブを打つことができる。
5.5 パワーや粘り強さを主な武器としている。競り合いながら作戦を変え、苦しい状況でも信頼性の高いショットを打てる。
オープン 6.0 ジュニアレベル、あるいは大学レベルの全国トーナメントを目指し集中トレーニングを積んだ経験があり、地域や全国のランキングに入っている。
6.5 海外トーナメントで賞金を得ている。
7.0 トーナメントの賞金で生計をたてている。